毎日、歌をうたっていますか?

なんのためにうたいますか?

誰に向かってうたいますか?

一般的には、生活の中で、うたうことって身近なようであまりやらないことかもしれません。

うたうこととは、メロディに乗せて言葉を発するんではなくて

思いを言葉に乗せてメロディのままにうたう、です。

 

私は毎日なにかとうたっていて

たとえば

おはようと家族に挨拶の時

ごはんだよーと家族を呼ぶ時

外に出てとても寒い時

言葉とメロディが自然とでてきます。

リアルタイムで出てくる言葉とメロディにはリアルな気持ちも乗っかっています。

時には有名な曲の替え歌でその時の思いをうたうことも笑

 

歌をうたう時は

うたの歌詞に

情景をイメージし

心を寄せて

感じて

思いが言葉に乗って

メロディのままに

流れ出ていく

というような感じです。(私の場合)

 

「イメージする」

「言葉に思いを乗せる」

というと、よくわからないかもしれませんが、

言葉の背景や思いがなにもないと

相手に伝わらない歌になると思っています。

それは会話でもそうではないかと思っていて、

 

例えば

対人でお話ししていて

「なんだかこの人の話す言葉は嘘じゃないんだろうけど心に入ってこないな」

ということがたまにあります。

言葉から理解できることと

その人の様子、仕草や声質などから感じるそれとが一致しない感じです。

 

「その言葉は本当にあなたの言葉ですか?」

という疑問が浮かぶ会話や歌には説得力がないのでないかと思います。

 

気持ちに素直に

感じるままに

飾らない発声で

うたうことができると

本当に気持ちが良いのです。

人に伝わる歌になります。

 

そんなことをちょっと共有できるイベント、開催します。

『季節めぐりて歌うたう ウタ会』

第1回「クリスマスを歌おう」

12月21日 朝10時から10時45分(9時45分開場)

スープカレー鳩時計(京王線武蔵野台駅から徒歩5分)にて。

参加費は500円+ワンドリンクオーダー。

希望者でイベント後にランチを取りたいと思います。

広さに限りがありますので申し込み制にさせていただきます。

申し込みはこちらにお願いします。

 

季節の歌を通して

うたう楽しさ、気持ちを伝える喜びを体験し

なにより声を出すことで楽しく、

ストレスを解消し、気持ち良く過ごす時間にしたいと思います。

ぜひご参加下さい!

 

 

加藤希