【未就学児、親子、保育園、幼稚園、子育てイベント】手遊び、童謡、童歌をたくさん歌うコンサート、リトミック

保育園などで、童謡を中心としたコンサートやリトミックのご依頼をお受けしています。

お子様向け、親子向け、あらゆる対象でプログラムをカスタマイズいたします。

お問い合わせよりお気軽にご相談ください。

 

実績:東京都府中市内保育園にて2018年より継続して歌の会を行う(年に4回)

東京都区内保育園父母会よりコンサートのご依頼

 

 

歌のチカラ

ウクレレと子ども

ノゾミウタ代表 シンガー・ソングライター加藤希(かとうのぞみ)は、

童謡や唱歌を大切に歌い継ぎたいと考えています。

 

童謡や唱歌は

流行り廃りのないメロディで歌いやすく、

歌詞の中に日本の四季の情景が描かれているものや

ふるさとを思う心情、親を思う気持ちなどが表現されているものも多くあります。

大人も子どもも、歌うことで、

今は実際にはみられないような景色を歌の中で感じることで季節を実感し、

メロディの起伏や歌詞の言葉の抑揚で情感豊かな心を育むことができます。

そして、唄うことで呼吸が深く、リラックスし、 大きな声を出すことで リフレッシュできます。

 

音楽と記憶

音楽と記憶は密接です。

お母さんが歌っていたあの歌、

お散歩中に花を見つけて歌い出したあの歌、

そんなふうに日々の思い出を色付けてくれます。

ある歌が描く景色について、ある高齢者施設で思い出を聞いたことがあります。その方は、

「長靴を買ってもらってとても嬉しかった、長靴は濡れないのでとても歩きやすかった」
という子どもの頃の記憶をお話しくださいました。

記憶を呼び起こし、その思い出を眺めながら歌を歌うことは

気持ちをあたたかく、充実させ、満ち足りた気持ちになります。

子ども時代に大好きな大人と一緒に歌うことは、

その子どもが大人になり、やがて老人になる時まで

宝物になって心の中に残るのです。

 

ノゾミウタの童謡音楽会、リトミック

童謡、手遊び、パネルシアター、リトミック、工作、など

親子でも、子どものみでも、プログラムを組み立ててお伺いします。

内容やご予算などお気軽にお問い合わせください。